自己紹介

黒田ミホ くろだみほ
●1979年5月 海老名市生まれ
●海老名市育ち(社家・門沢橋・有馬地区) 
●海老名市中央在住
●文教大学 女子短期大学部卒業
●株式会社OWLTECH 経理・社長秘書
●神奈川県議会議員秘書

●市内中学校および高校にてPTAとして現在活動中。
●障がい者福祉施設でのボランティア

●趣味
旅行 アウトドア ダイビング お料理

あなたに寄り添う身近な政治を

昨年、私の父が脳梗塞で倒れました。
長い入院生活を送り、現在もなお通院・介護が必要な状態です。
今まで元気だった人が突然倒れたことで、家族の生活も一変し、精神的負担・介護の負担・金銭的負担、そして入院や保険の手続き等わからないことばかりでした。
生活するうえで私たちに密接に関わる行政ですが、ほとんどの人が身近に感じていないのではないでしょうか。
私は議員秘書として政治にかかわることで、もっと政治を私たちの身近な存在にしていきたいと考えました。
困っている人、助けの必要な人に寄り添い、必要な人に必要な支援が届くよう、そして介護などの労働にかかわる人の負担が軽減するよう尽力してまいります。

子育て世代の「声」を市政に!

現在、海老名市議会においては子育て世代の若いママがほとんどいない状況です。
時代と共に、教育も子育て環境も変化している中で、本当に子供たち、そして保育所や小中学校の教育の課題を見つけることができるのでしょうか?
私たちには、子育て中のママ・働くママの代弁者が必要です!
私は現在、高校および海老名市内の中学校でPTAとして活動しております。
先生や保護者の方々とともに子供たちのための地域活動をすることでママ達の生の声を身近で聞くことができます。
子育て世代の代弁者として、地域の課題・問題点を、行政・市政にボトムアップしていきます。
そして、未来を担う子供たちの教育に全力で取り組んでまいります!

TOP